うつ病の同僚が復帰出来た訳は差し入れしたイフェクサーにあり

国内では新しいSNRI

イフェクサーとは・・・
これは国内ではSNRI(選択的セラトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害剤)としては3番目に認可された抗うつ剤。
2015年から処方を開始されていますが、海外では既に前から処方が開始されており、スイスでは1997年、2015年までに既に90カ国以上で承認されていた薬です。
つまり海外では一般的にすでに広く普及していた抗うつ剤となります。
この薬は脳内の2つの物質に作用します。
・セラトニン
・ノルアドレナリン
これらの濃度を高めることで、神経の伝達を活発にしうつ病などの症状を改善することができます。
セラトニンの不足した状態は、気持ちが落ち込んだり、焦燥感あるいは不安などの原因になります。
またノルアドレナリンの不足は、意欲や関心などの人の"やる気"を低下させてしまう原因となります。
これら2つの物質の濃度を上昇させることで、精神状態を改善したり、意欲的、前向きな方向へと気持ちを改善してくれます。
イフェクサーは安全性の高いとされている系統である「SSRI」に比べて優れている点としては、単純にセラトニンに加えてノルアドレナリンにも選択的に作用することです。
つまり1つ多く、神経物質の濃度を高めることができるのが特徴です。
処方開始から間もない薬ですが、報告されている副作用をまとめたものが、次のようになります。
・不安感
・頭痛
・不眠
こういった症状は、中枢神経に作用することで起こることがあると言われています。
人によっては薬が合わないことで、ひどい吐き気などを催してしまうこともあります。
既に海外では販売されていたこともあって、イフェクサーには数種類のジェネリック医薬品も登場しています。
・ベンラー
・エフェキソールXR
などが販売されています。
ジェネリック医薬品の購入は国内では認められていないことから、ジェネリック医薬品の服用を希望するのであれば海外通販などの方法での購入となります。
うつ病は、年々患者数が増加しています。
100万人を超え、国民病となりつつもあります。
うつ病は身近に潜む精神疾患なだけに、心身ともに健康管理が大切となってきます。